Monday, January 5, 2015

Database User Manual


Setup and Processing of Preventive Maintenance Work Orders

PeopleSoft Maintenance Management enables users to plan, schedule, and complete an organization's routine maintenance of individual assets, groups of assets, or specific locations through the creation and processing of preventive maintenance work orders.

Users can set up preventive maintenance schedules for individual assets, for multiple assets (known as preventive maintenance loops), and for specific locations where non-asset-related maintenance activities are performed on an ongoing basis.  These schedules establish specific rules based on time intervals or meters that are associated with specific assets and are used by the Preventive Maintenance Process to control the due date of the next scheduled maintenance.

You can select one of several different scheduling options and base the scheduling on selected dates, or meter readings (individual assets and loops only). 


予防保守作業指示の設定と実行

PeopleSoft保守管理は、ユーザーが予防保守作業指示の作成と実行を行って、組織内の個別の資産、資産のグループや特定の場所に対する日常的な保守を計画、スケジュールおよび完了することを可能にします。

ユーザーは、個別の資産、複数の資産(予防保守ループとして知られる)、および資産に関連しない保守活動を日常的に実行している特定の場所に対する予防保守スケジュールを設定することができます。これらのスケジュールにより特定の資産に関連する時間間隔またはメーターにもとづく固有の規則が確立され、さらに、次回にスケジュールされた保守期日を管理する「予防保守プロセス」でも使用されます。

ユーザーは、複数のスケジュール作成のオプションを選択し、選択した日付またはメーター・リーディング(個別の資産とループのみ)に基づいてスケジュールを作成することができます。 

No comments:

Post a Comment