Sunday, January 4, 2015

Dalai Lama's Speech in Rotterdam, The Netherlands, 12 May 2014 (Excerpt from the Dalai Lama Office Japanese Website)

Rotterdam, Holland, 12 May 2014
Meeting with groups of people interested in Buddhism and the cause of Tibet at his hotel this morning, His Holiness the Dalai Lama began by telling them:
“There are several aspects of the Tibetan question, among which I’d like to talk to you about the damage being done to Tibet’s delicate natural environment. I read a report by a Chinese ecologist that compared Tibet’s significance to that of the North and South Poles; he described Tibet as the Third Pole. This is because Asia’s major rivers rise in Tibet and more than 1 billion people depend on their waters. Damming the Brahmaputra, for example, will have effects on both India and Bangladesh.

オランダ、ロッテルダム、2014年5月12日 
ダライ・ラマ法王は、今朝ホテルで仏教とチベット問題に関心を持つグループと面談をされ、以下のお話から面談を開始されました。
「チ ベット問題にはいくつかの側面がありますが、その中でもチベットの繊細な環境への被害についてお話ししたいと思います。中国の生態学者による報告書を読んだところ、チベットは北極と南極ほど重要であると書かれており、チベットが第三極であるとも記されていました。これは、アジアの主要な河川の源流はチベットであり、10億人以上の人々がこの水源に依存するためです。ブラマプトラにダムを建設するとインドとバングラデシュの両国に影響があるというのがその例となります。」

“I appeal to supporters like you to assemble a group, experts among them, to go to Tibet to examine what is happening, to assess what damage has already been done and what precautions could prevent it getting worse. The information would be shared with the Chinese authorities who are often not properly informed.”

「チベットの現状やすでになされた被害を見定めるために、皆様のような支援者の方々が専門家と共にグループをつくり、今後この悪化を阻止するための予防設置を取る可能性を調査する目的でチベットを訪問することをお願いします。この情報は、適切な情報を知らされていない場合が多い中国当局の方々と共有されることになります。」

With regard to human rights violations, His Holiness explained that about 15 years ago a Chinese Communist Party Secretary announced that Buddhist religion and culture was a major factor compounding Tibetan separatism. Consequently, he cracked down hard on monasteries and nunneries, exerting tight control over their activities. This is what provoked the 2008 unrest.

人権侵害に関しては、約15年前に中国共産党書記が仏教の宗教と文化がチベット分離主義を形成する主な要因であったと発表したことを説明されました。その結果、書記は僧院や尼僧院を強く取り締まり、その活動を厳しく管理することにしたのです。これが2008年の暴動の原因となりました。

His Holiness repeated that the Chinese crackdown on Tibetan language and the way they look down on Tibetan culture is the real source of separatism. "If you beat a dog it will run away. If you want it to stay you have to treat it with affection. Tibetans are human beings, who are not to be fobbed off with new infrastructure, while not being treated with any respect. Tibetans are not animals and they are not the only ones to suffer. The other ethnic groups, the Uighurs, Mongolians and Manchus, indicated in the Chinese flag by the four smaller stars around the larger star for the Han, suffer too."

法王様は、中国によるチベット語に対する弾圧とチベット文化を見下す態度が分離主義の真の源であることを繰り返し述べられました。「犬はたたかれると逃げ、犬を側に置きたい場合は愛情を持って接する必要があります。人間であるチベット人は、尊敬を持って対応されない中、新しいインフラなどでごまかされはしません。チベット人は動物ではなく、苦しむのは彼らだけではないのです。中国国旗の中で、漢民族を象徴する大きな星を取り囲む小さな4つの星として示されるウイグル人、モンゴル人や満州人などの他の民族も苦しみは同じなのです。」

"There are only 6 million Tibetans, but they have their own history and culture of which they are justifiably proud. The crackdown on religion and language is a serious human rights violation. Then there is mining to which many local people object and finally the matter of relations between China and India, the world’s two most populous, nuclear armed, nations. The huge number of troops in Tibet is cause for alarm in India. If the situation in Tibet were normalized, many of them could be withdrawn."

「わずか600万人のチベット人ですが、心から誇ることのできる民族の歴史や文化を持っているのです。チベットの宗教および言語の弾圧は深刻な人権侵害です。そして、鉱山の採掘には地元の人々の多くが反対しており、人口の最多国の2つであり武装核保有国でもある中国とインドの関係に支障をきたしています。チベット内での軍隊の膨大な数にインドは警戒してています。チベットの状況がおさまれば、その多くは撤退することができるのです。」

No comments:

Post a Comment