Sunday, January 4, 2015

Dalai Lama Speech "Thinking Globally: A Universal Task" (Excerpt from Dalai Lama Office Japanese Website)

Scientific predictions of environmental change are difficult for ordinary human beings to comprehend fully. We hear about hot temperatures and rising sea levels, increasing cancer rates, vast population growth, depletion of resources, and extinction of species. Human activity everywhere is hastening to destroy key elements of the natural eco-systems all living beings depend on.

環境変化の科学的な予測は、普通の人には容易にすべて理解できるものではありません。高まる気温や上昇する海面、ますます増えるがん発生率、とてつもない人口増加、 資源の枯渇や種の絶滅などについて耳にすることがあります。すべての生き物が依存する自然生態系の重要な要素の破壊が、人間の活動によって早まっているのです。

These threatening developments are individually drastic and together amazing. The world's population has tripled in this century alone and is expected to double or triple in the next. The global economy may grow by a factor of five or ten including with it extreme rates of energy consumption, carbon dioxide production, and deforestation. It is hard to imagine all things actually happening in our lifetime and in the lives of our children. We have to consider the prospects of global suffering and environmental degradation unlike anything in human history.



これらの脅威的な発展は一つ一つをとっても劇的で、全体的に見ては驚くべきものです。世界人口は今世紀だけで3倍となり、次の世紀にはその2倍3倍になると予測されています。世界経済は5から10倍に成長するかもしれず、それに従ってエネルギー消費、二酸化炭素の排出や森林伐採の割合が極端に増加することにもなりま す。このすべてが私たちや子供の世代に実際に起こっているというのは想像に絶します。世界中の苦しみや、今までの人類の歴史では前代未聞の環境の悪化が将来にもたらす結果を考慮しなければならないのです。



I think, however, there is good news in that now we will definitely have to find new ways to survive together on this planet. In this century we have seen enough war, poverty, pollution, and suffering. According to Buddhist teaching, such things happen as the result of ignorance and selfish actions, because we often fail to see the essential common relation of all beings. The earth is showing us warnings and clear indications of the vast effects and negative potential of misdirected human behavior.

この地球で共に生き残るための新しい術を見つける必要がある、というは実際のところは朗報であると私は思います。今世紀、私たちは、戦争、貧困、公害や苦しみを十分に目にしてきました。仏教の教えによると、そのようなことは無知や自分勝手な行動の結果引き起こされることなのです。生きとし生けるものすべてに共通する基本的な関係を理解できないことが多いからなのです。見当違いな人間の行動が非常に悪い結果につながる可能性があることを、地球は明らかに警告して います。

To counteract these harmful practices we can teach ourselves to be more aware of our own mutual dependence. Every sentient being wants happiness instead of pain. So we share a common basic feeling. We can develop right action to help the earth and each other based on a better motivation. Therefore, I always speak of the importance of developing a genuine sense of universal responsibility. When we are motivated by wisdom and compassion, the results of our actions benefit everyone, not just our individual selves or some immediate convenience. When we are able to recognize and forgive ignorant actions of the past, we gain the strength to constructively solve the problems of the present.

これらの悪影響のある行動を抑えるためには、みながお互い依存して生きていることに気付く必要があるのです。生きるものすべては痛みのかわりに幸せを望んでいます。私たちには共通する基本的な感情があるということです。より良い動機を要とし、地球、そしてお互いを助けるための正しい行動を起こすことができるのです。したがって、普遍的な責任を心の底から感じることは重要である、と私はいつも話しています。知恵と思いやりに基づいて行動すると、自分個人のためや今すぐ役に立つものとなるだけでなく、みなさんに利益をもたらすものとなります。過去の無知な行動を認識して許すことができると、現在の問題を前向きに解決する強さを得ることができるのです。

We should extend this attitude to be concerned for our whole environment. As a basic principle, I think it is better to help if you can, and if you cannot help, at least try not to do harm. This is an especially suitable guide when there is so much yet to understand about the complex interrelations of diverse and unique eco-systems. The earth is our home and our mother. We need to respect and take care of her. This is easy to understand today.

環境全体を考慮するというこのような態度をさらに育むべきなのです。基本的な原則として、可能であるなら助ける、助けることができないなら少なくと も害を及ばさない、とするといいでしょう。多様性と独自性に満ちた生態系の複雑な相互関係についてまだ理解できないことがたくさんある中では、これは特に有用なガイドラインとなります。地球は私たちの家であり母親でもあります。その地球を尊重して世話をする必要があります。今日、この点を理解することは難しくないでしょう。

We need knowledge to care for ourselves, every part of the Earth and the life upon it, and all of the future generations as well. This means that education about the environment is of great importance to everyone. Scientific learning and technological progress are essential for improving the quality of life in the modern world. Still more important is the simple practice of getting to know and better appreciate our natural surroundings, and ourselves whether we are children or adults. If we have a true appreciation for others and resist acting out of ignorance we will take care of the Earth.

自分自身、地球の全地域とそこに生存する生物、そして将来の世代を助ける知識が私たちには必要です。環境に関する教育はみなさんにとって非常に重要な意味がある、ということです。科学の研究や技術の進歩は現世界での生活の質を改善するためには不可欠です。子供、大人に関わらず、私たちの周りの自然環境や自分自身を知る努力をしてそれに対する感謝をさらにすることがさらに重要となります。他の人に心から感謝をし、無知の状態で行動することを避ければ、地球のお世話もできるようになります。

In the biggest sense, environmental education means learning to maintain a balanced way of life. All religions agree that we cannot find lasting inner satisfaction based on selfish desires and acquiring the comforts of the material things. Even if we could, there are now so many people that the earth would not sustain us for long. I think it is much better to practice enjoying simple peace of mind. We can share the earth and take care of it together, rather than trying ro possess it, destroying the beauty of life in the process.

大まかに言うと、環境教育はバランスのとれた生活を維持することを意味します。自分勝手な望みや物質的なものを取得しても心からの満足感が持続することはない、とすべての宗教は同意しています。それが可能であるとしても、人口が非常に多い今、地球は私たちの存在を長くは持続できません。単純な心の平和を楽しみながら生きる方が断然いいのです。地球を我がものとし、その過程で美しい生命を破壊するよりも、みなで地球を共有し世話することができるのです。

Ancient cultures that have adapted to their natural surroundings can offer special insights on structuring human societies to exist in balance with the environment. For example, Tibetans are uniquely familiar with life on the Himalayan Plateau. This has evolved into a long history of a civilization that took care not to overwhelm and destroy its fragile eco-system. Tibetans have long appreciated the presence of wild animals as symbolic of freedom. A deep reverence for nature is apparent in much of Tibetan art and ceremony. Spiritual development thrived despite limited material progress. Just as species may not adapt to relatively sudden environmental changes, human cultures also need to be treated with special care to ensure survival. Therefore, learning about the useful ways of people and preserving their cultural heritage is also a part of learning to care for the environment.

環境とバランスをとりつつ存在する人間社会をつくるための特別な知識は、周りの自然環境と調和しながら存在した古代の文化から得ることができます。たとえば、チベット人はヒマラヤ高原での生活に慣れ親しんでいる独特の民族です。そこでの繊細な生態系を圧倒、破壊せずに世話をするという文明が長い歴史の中で進化しました。チベット人は野生の動物の存在を自由のシンボルとして長い間尊重してきました。自然に対する深い畏敬の念は、チベットの芸術やお祝いを見ると明ら かです。物質的な進歩は限られながらも、精神的な進歩は繁栄したのです。突然の環境変化に種が適応できないのと同様に、確実に生き残るためには、人間文化も特別な注意を持って扱う必要があります。したがって、人にうまく役立ってもらう方法や文化遺産を維持を維持する方法を学ぶことは、環境の世話をする学習の一部となるのです。

I try always to express the value of having a good heart. This simple aspect of human nature can be nourished to great power. With a good heart and wisdom you have right motivation and will automatically do what needs to be done. If people begin to act with genuine compassion for every one, we can still protect each other and the natural environment. This is much easier than having to adapt to the severe and incomprehensible environmental conditions projected for the future.

私は善良な心を持つ価値をいつも説明しようとしています。この単純である人間の本性を偉大な力を発するものへと育てることができるのです。善良な心と知恵を持つと正しい動機が出てくるので、しなければならないことを自動的に行うようになるのです。みんなに対する心からの思いやりを持って行動し始めれば、お互いと自然環境をも保護することがまだできるのです。将来に予期される住みにくく不可解な環境条件に適応しようとするよりも、この方が非常に簡単です。

Now on a close examination, the human mind, the human heart, and the environment are inseparably linked together. In this sense, environmental education helps to generate both the understanding and love we need to create the best opportunity there has ever been for peace and lasting coexistence.

今まで深く探求してきたところ、人間の精神、人間の心と環境は切り離せないほどつながっていることが分かりました。この意味で、環境教育は、平和と持続的な共存をもたらす最高の機会をつくるのに必要な理解や愛情を育む役に立つわけです。

Reprinted from EPA Journal: A Magazine on National and Global Environmental Perspectives, Published by the United States Environmental Protection Agency, Washington D. C, September/October 1991, vol. 17, Number 4.

EPA ジャーナルからの転載:国内および世界的な環境の視点についての雑誌、アメリカ合衆国環境保護庁出版(ワシントンD. C)、1991 年 9月/10月、17号、4番

No comments:

Post a Comment