Monday, December 15, 2014

Earthday event intro

In celebration of Earth Day Tokyo 2013, the event provided children affected by the 2011 nuclear disaster a safe place to play and learn about the environment.

アースデイ東京2013を記念して、2011年の原子力災害で影響を受けた子供たちが、安全に遊びながら環境について学ぶことができるイベントが開催されました。

Many of the children come from areas where contamination limits outdoor play opportunities.

この子どもたちの多くは、汚染のために屋外での遊びが制限されている地域から来ています。

Founded in 2011 after the tsunami and earthquake, FNPCR is a group of mothers and fathers who were on the ground straight after the disaster advising families on how to evacuate safely.

津波と地震の後に2011年に設立されたFNPCRは母親と父親のグループで、災害後の現地に滞在しながら安全に避難する方法について住人の家族に助言していました。

They continue to work in Fukushima assessing and tracking radiation soil damage caused by the meltdown, and present their findings at community conferences.

FNPCRは福島での活動を続け、メルトダウンによって引き起こされた放射線による土壌への被害を評価・追跡しながら地区会議で調査結果を発表してきています。

No comments:

Post a Comment