Tuesday, October 5, 2010

Introduction Booklet for an Indian charity organization (Partial/抜粋)







(参照/Reference) http://www.aghoryaan.org/home.html

***See the bottom right on the website for the full translated booklet***





(English to Japanese/和訳)

About Us

サルヴェシュワリ·サムーについて

The human society is making rapid developments and is probably at the zenith of its material progress. Yet, people are not happy today. Have you ever pondered over the reason behind this predicament? We, the human beings, have been diverting all our time and energy to understand and control the forces of nature and the material world. In the meantime, however, we have lost control and failed to understand our own self. True, that we have made rapid progress in scientific and material fields but it is also a fact that there has been a corresponding deterioration in human values at the same time.

人間社会は急速に発展してきて、物質的な発展というのは現在ピークに達したのではないだろうか。しかし人は幸せではない。この矛盾な状況にどういう理由が隠れているのかを、私たちは考えた事があるだろうか? 自然や物質的な力を理解したり制御するために、私たち人間は全ての時間とエネルギーを費やしてきた。だがそうしている間に、私たちは自己制御を失い、自分自身を理解する事ができなくなってしまった。

Scientific and material progresses have provided us with the basic means and resources for livelihood but its optimum utilization is yet to be achieved as it has not been made available for the common welfare of human society. The reasons behind it are the near absence of spirituality, lack of sharing and social responsibility in our lives. On this account it will not be incorrect to state that the progress achieved so far by the human society is “lopsided”

科学的や物質的な分野で急速な発展を遂げた のは確かに事実だが、それと同時に人間の価値観が一環して低下してきているのも事実である。科学的や物質的な発展によって、基本的な生活の手段や資力は提 供されたのだが、そのおかげの利益が未だに人類皆に普及していないので、その利益という物をまだ最適な形で運用しているとは言えない。精神世界というのが ほぼ欠陥していたり、物を共有することや社会責任などの観念が無いのがその理由なのだ。こういう訳では今まで達成された発展は、一方に傾いてしまっている と言ってもおかしくはないだろう。


No comments:

Post a Comment