Wednesday, February 11, 2015

The Dalai Lama Website article (2014 World Summit of Nobel Peace Laureates)

“Peace or violence is ultimately related to our emotions. The demarcation between violence and non-violence lies here in the heart. If we have genuine concern for others, then naturally we defend their rights and our actions become non-violent. So long as we are motivated by anger and fear, the opposite will be true. Fundamentally all 7 billion human beings are the same, so we need to develop a sense of the oneness of all human beings. Too often we focus on secondary and superficial differences like nationality, race, colour, whether we are rich or poor, educated on uneducated and so on, rather than on what we have in common.


「平和や暴力は最終的には私たちの感情に関連しています。暴力と非暴力の間の境界は心の中にあるのです。他の人のことを心から気遣っている場合は、自ずとその人たちの権利を保護するようになり、行動も非暴力的になります。怒りや恐れに動機付けられている限り、その反対となってしまいます。根本的には70億人の人間の間には違いは一切ないので、全人類の間に一体感を育む必要があります。私たちは人類に共通していることに焦点を当てる代わりに、国籍、人種、 肌の色、貧富であるかや教育があるかどうかなどの、さほど重要でもなく表面的な違いに焦点を当てることが多すぎます。

“We can change our way of thinking by changing our education system. At present the education system and our way of life are very materialistic with little attention paid to inner values. When we want to think of inner values or moral principles we turn to religion. But that won’t satisfy everyone. 1 billion people today claim not to have any religious faith and even among those who say they do are many whose faith is corrupt or not really serious. Therefore, I suggest we need a secular approach to promoting basic human values. I use the word secular in the sense it is used in India to mean unbiased respect for all religions and faiths and even for those who have none. 

「現在の教育制度を変えることによって、思考のあり方を変えることができます。現在、教育制度と私たちの生活の仕方は、とても物質的で精神の価値観などにはあまり関心を向けていません。精神的な価値や道徳的な道義を考えるさいには宗教に目を向けます。しかし、これで皆が満たされるとは限りません。現在、1億人の人々が信仰する宗教はないと言っており、何らかの宗教を信仰している人の中にも、信仰心が乱れていたり真剣ではない人が多くいます。したがって、基本的な人間の価値を促進するためには世俗的なアプローチが必要となるのです。私が言う「世俗的」というのはインドで用いられている意味合いのもので、すべての宗教や信仰そして無信仰の人にも対等な尊敬を示すということです。

Monday, January 5, 2015

Photo Book "Fighter" by Janus van den Eijnden


Fighters
拳闘士
For the last couple of years I’ve dedicated myself to taking pictures of kickboxers after their matches at kickboxing events across the Netherlands. Above all, this book is meant to show the effect these matches have on their heroes. Through the photographs it becomes apparent that the battle these men have fought is anything but uncontrolled.  Winning takes a combination of patience, complete muscle control and strength. These efforts leave a body and soul worn to the core. Even despite this profound exhaustion, the fighter’s faces reveal traces of pride and desolation. The starkly bare backgrounds against which the fighters are portrayed, and the isolated way in which they are captured, serve to emphasize their inner struggles. Even after the match is over there is still another battle to be fought, against their own emotions.
過去2年間、オランダ国内あちこちで行われたキックボクシングのイベントで、キックボクサーの写真を撮ることに時間を捧げてきた。とりわけ、このヒーローたちが試合で受ける影響を見せるのがこの写真集の意図だ。男たちがくぐり抜けてきた闘いは無制御なものであるのが写真を通して伝わってくる。忍耐力、筋肉の完璧なコントロールと強靭さの組み合わせで勝利が手に入る。肉体と魂の共々が極限まで疲れ果ててしまう。こんな究極な疲労にも関わらず、拳闘士の顔には誇りと寂然の痕跡さえもかいま見れる。拳闘士のポートレートの背景となった無の空間は、内心の葛藤を強調するためのものだ。試合が終わっても、己の感情との闘いがまだ待っている。
When I first began shooting these pictures I was still very far removed from the world of combat sports. I felt completely out of touch with the men in the ring, attacking each other as if intent on taking each other’s lives. My hands would tremble and adrenaline would rush through me as I’d stand in their changing rooms, where the fighters prepared for their matches through series of loud grunts and rough bumps. Having spent two years in this remarkable world, these matches no longer represent a mere show of violence. To me kickboxing has become a top-level sport, centered around total dedication, precision, mental and physical strength and tremendous amounts of mutual respect.

これらの写真を撮り始めた頃の自分は格闘技の世界とはかけ離れていた。お互いの命を取ろうとしているようなリング中の男たちとのつながりは全く感じなかった。荒いうめき声を立てながらパンチを空に放ち闘いに挑む準備をする男たちのいるロッカールームに立つ自分の手は震え、アドレナリンが体中を駆け巡る。この驚愕的な世界で2年間を過ごした今では、試合が単なる暴力ショーに見えることはない。全身全霊での献身、精度、精神的・肉体的な強靭さ、そして類にない相互尊重が基盤となるキックボクシングは、自分の中ではトップレベルのスポーツとなった。

In the past year the papers have been filled with negative articles on kickboxers and kickboxing events. Although there is no denying that the reported incidents took place, this kind of coverage does the top-level sport no justice. In kickboxing, excelling requires intensive training of the kind that is hardly comparable to what is needed in other known sports. Often the fighters will train 6 days a week, only to measure their strength in a couple of rounds that last a matter of minutes. This book is therefore meant to show the world of kickboxing, which lately has received a lot of negative media attention, in a different light.

近年の新聞にはキックボクサーやキックボクシングのイベントに関する否定的な記事が溢れている。報道された事件が実際のものであるのは事実だが、このような報道ではトップレベルのスポーツは正当に見なされない。キックボクシングに必要なトレーニングは他のメジャーなスポーツで必要とされるものとは訳が違う。週6日間トレーニングする選手も少なくない。その結果得られる強靱な力はたった数分のラウンド2回で試されるだけだ。最近のメディアでは圧倒的に否定的な取り扱いをされてきたキックボクシングの世界を違う角度から見せる、というのがこの写真集の意図となる。

iPhone Apps

Play "Happy" by Pharrell Williams. Relax your soul.

ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」を聞いて、心からリラックス。

Enjoy Karaoke on your phone. Sing your favorite top hits.

携帯でカラオケタイム!お気に入りのヒットソングを歌おう。

Say something. AutoRap turns your speach into rap.

ここで一言。AutoRapは話し言葉をラップに変身させます。

Database User Manual


Setup and Processing of Preventive Maintenance Work Orders

PeopleSoft Maintenance Management enables users to plan, schedule, and complete an organization's routine maintenance of individual assets, groups of assets, or specific locations through the creation and processing of preventive maintenance work orders.

Users can set up preventive maintenance schedules for individual assets, for multiple assets (known as preventive maintenance loops), and for specific locations where non-asset-related maintenance activities are performed on an ongoing basis.  These schedules establish specific rules based on time intervals or meters that are associated with specific assets and are used by the Preventive Maintenance Process to control the due date of the next scheduled maintenance.

You can select one of several different scheduling options and base the scheduling on selected dates, or meter readings (individual assets and loops only). 


予防保守作業指示の設定と実行

PeopleSoft保守管理は、ユーザーが予防保守作業指示の作成と実行を行って、組織内の個別の資産、資産のグループや特定の場所に対する日常的な保守を計画、スケジュールおよび完了することを可能にします。

ユーザーは、個別の資産、複数の資産(予防保守ループとして知られる)、および資産に関連しない保守活動を日常的に実行している特定の場所に対する予防保守スケジュールを設定することができます。これらのスケジュールにより特定の資産に関連する時間間隔またはメーターにもとづく固有の規則が確立され、さらに、次回にスケジュールされた保守期日を管理する「予防保守プロセス」でも使用されます。

ユーザーは、複数のスケジュール作成のオプションを選択し、選択した日付またはメーター・リーディング(個別の資産とループのみ)に基づいてスケジュールを作成することができます。 

"I am a cloud" by Julie-Marie (ENG-JPN)



私は雲   
樹齢千年の大木にもたれて、人生を思うままに書きつづる老若男女の姿に、思いを巡らす。

I am a cloud
Leaning against the tree of a thousand years, I think about those who wrote their lives down on paper.

*
「待ち人は来たり」
兆しにあふれる、お寺の空気。
無数の人の期待と絶望と共に私のくじ引きをしめ縄に結び、お寺を去る。

“That person you are waiting for, you are about to meet her”
There is a profusion of omens around the temple. I tie my fortune to a tightrope amongst the others and am gone.

*
通りには静寂が漂い、連なる店の扉はかたく閉じる。
そこにただ一人佇む男の、金髪の巻き毛。

The street is calmed, the doors are closed.
There is nobody there except that man with curly blonde hair.

*
冷めたお茶に浮かぶ茎。
縁側を覆う黄昏。
沈黙。
お酒の香りに染まる、恋人同士の頬。

A few leaves of tea.
Twilight on the porch.
Silence.
Rice wine that would make good children sing.

*
私の山。
春の香りがほのかに流れる。
桜の花。
恐れに、さよなら。

My mountain.
How you are humming the air of Spring.
Cherry blossoms.
Farewell to fear!

*
あの人は去った。
また戻ってくる。
そう約束した彼。

He is gone.
He will come back.
He promised.

*
秘密の情事。
彼の姓を持つことはない私。
その姓が似合う女は、他にいる。

Secret love affairs.
I will never bear his name.
It fits another one better.

*
今日は、頬をなでる風がない。 
谷には鯉のぼりがだらりと伸びる。
明日は
新たな夜明け。

Today, not even a gentle breeze.
Inanimate carps scattered around the valley.
Tomorrow …
A new dawn.

*
千羽鶴にも届かぬ夢。
川に流れ行く、親子3人の夢。
つかの間の希望。

A thousand cranes would not suffice.
The three of us are watching the river take our dreams away.
Fleeting hopes.

*
お寺に戻って、お祈りする。
私の苦しみ。
絶望的。

I go back to the temple to pray.
My suffering.
Unspeakable.

*
冷えきったお茶。
灯りを消して、独り寝する二階に上がる。

The tea is cold.
I turn off the light and go upstairs to sleep.

*
暗闇。
真っ暗な夜。 
私を闇に葬るあなた。
あなたは去って、私は闇の中の陰。

Darkness.
The black of night. 
You push me into the shadows.
You absence; my penitence.

*
また満開になった、桜の木。
私の心は冬。終わりなき冬。
今日は去った。過去。
残ったのは、冬だけ。

The cherry trees are in full bloom again.
Winter inside me. Endless winter.
Today is dead. The past.
All that is left is winter.

*
あの男はここで溺れたらしい。
酔っぱらって。
見知らぬ男の墓に舞い落ちる涙。

They say he drowned there.
Drunk.
A few tears fall down on a stranger’s tomb.

*
樹齢千年の大木にもたれて、人生を思うままに書きつづる老若男女の姿に、思いを巡らす。
私は雲。
Leaning against the tree of a thousand years, I think about those who wrote their lives down on paper.
I am a cloud.
*


Astrology


Aries : Your energy levels shall touch a new high today, making you feel extremely self-confident about having a go at whatever fate throws at you. Emjoy the high!

牡羊座: 今日のバイタリティはこれまでにない高レベル。何にでもタックルできるような自信が湧いてきます。この機会を利用しない手はありません!

Taurus : In order to offset a rather difficult time today, try to spend the day in the company of your loved ones. Light a few candles and meditate, as the evening arrives.

牡牛座: チャレンジがちょっと多いかもしれない今日。仲のいい友だちや家族と過ごしましょう。今宵はキャンドルが灯る中での瞑想などにぴったりです。

Sunday, January 4, 2015

Dalai Lama Speech "Thinking Globally: A Universal Task" (Excerpt from Dalai Lama Office Japanese Website)

Scientific predictions of environmental change are difficult for ordinary human beings to comprehend fully. We hear about hot temperatures and rising sea levels, increasing cancer rates, vast population growth, depletion of resources, and extinction of species. Human activity everywhere is hastening to destroy key elements of the natural eco-systems all living beings depend on.

環境変化の科学的な予測は、普通の人には容易にすべて理解できるものではありません。高まる気温や上昇する海面、ますます増えるがん発生率、とてつもない人口増加、 資源の枯渇や種の絶滅などについて耳にすることがあります。すべての生き物が依存する自然生態系の重要な要素の破壊が、人間の活動によって早まっているのです。

These threatening developments are individually drastic and together amazing. The world's population has tripled in this century alone and is expected to double or triple in the next. The global economy may grow by a factor of five or ten including with it extreme rates of energy consumption, carbon dioxide production, and deforestation. It is hard to imagine all things actually happening in our lifetime and in the lives of our children. We have to consider the prospects of global suffering and environmental degradation unlike anything in human history.



これらの脅威的な発展は一つ一つをとっても劇的で、全体的に見ては驚くべきものです。世界人口は今世紀だけで3倍となり、次の世紀にはその2倍3倍になると予測されています。世界経済は5から10倍に成長するかもしれず、それに従ってエネルギー消費、二酸化炭素の排出や森林伐採の割合が極端に増加することにもなりま す。このすべてが私たちや子供の世代に実際に起こっているというのは想像に絶します。世界中の苦しみや、今までの人類の歴史では前代未聞の環境の悪化が将来にもたらす結果を考慮しなければならないのです。



I think, however, there is good news in that now we will definitely have to find new ways to survive together on this planet. In this century we have seen enough war, poverty, pollution, and suffering. According to Buddhist teaching, such things happen as the result of ignorance and selfish actions, because we often fail to see the essential common relation of all beings. The earth is showing us warnings and clear indications of the vast effects and negative potential of misdirected human behavior.

この地球で共に生き残るための新しい術を見つける必要がある、というは実際のところは朗報であると私は思います。今世紀、私たちは、戦争、貧困、公害や苦しみを十分に目にしてきました。仏教の教えによると、そのようなことは無知や自分勝手な行動の結果引き起こされることなのです。生きとし生けるものすべてに共通する基本的な関係を理解できないことが多いからなのです。見当違いな人間の行動が非常に悪い結果につながる可能性があることを、地球は明らかに警告して います。

To counteract these harmful practices we can teach ourselves to be more aware of our own mutual dependence. Every sentient being wants happiness instead of pain. So we share a common basic feeling. We can develop right action to help the earth and each other based on a better motivation. Therefore, I always speak of the importance of developing a genuine sense of universal responsibility. When we are motivated by wisdom and compassion, the results of our actions benefit everyone, not just our individual selves or some immediate convenience. When we are able to recognize and forgive ignorant actions of the past, we gain the strength to constructively solve the problems of the present.

これらの悪影響のある行動を抑えるためには、みながお互い依存して生きていることに気付く必要があるのです。生きるものすべては痛みのかわりに幸せを望んでいます。私たちには共通する基本的な感情があるということです。より良い動機を要とし、地球、そしてお互いを助けるための正しい行動を起こすことができるのです。したがって、普遍的な責任を心の底から感じることは重要である、と私はいつも話しています。知恵と思いやりに基づいて行動すると、自分個人のためや今すぐ役に立つものとなるだけでなく、みなさんに利益をもたらすものとなります。過去の無知な行動を認識して許すことができると、現在の問題を前向きに解決する強さを得ることができるのです。

We should extend this attitude to be concerned for our whole environment. As a basic principle, I think it is better to help if you can, and if you cannot help, at least try not to do harm. This is an especially suitable guide when there is so much yet to understand about the complex interrelations of diverse and unique eco-systems. The earth is our home and our mother. We need to respect and take care of her. This is easy to understand today.

環境全体を考慮するというこのような態度をさらに育むべきなのです。基本的な原則として、可能であるなら助ける、助けることができないなら少なくと も害を及ばさない、とするといいでしょう。多様性と独自性に満ちた生態系の複雑な相互関係についてまだ理解できないことがたくさんある中では、これは特に有用なガイドラインとなります。地球は私たちの家であり母親でもあります。その地球を尊重して世話をする必要があります。今日、この点を理解することは難しくないでしょう。

We need knowledge to care for ourselves, every part of the Earth and the life upon it, and all of the future generations as well. This means that education about the environment is of great importance to everyone. Scientific learning and technological progress are essential for improving the quality of life in the modern world. Still more important is the simple practice of getting to know and better appreciate our natural surroundings, and ourselves whether we are children or adults. If we have a true appreciation for others and resist acting out of ignorance we will take care of the Earth.

自分自身、地球の全地域とそこに生存する生物、そして将来の世代を助ける知識が私たちには必要です。環境に関する教育はみなさんにとって非常に重要な意味がある、ということです。科学の研究や技術の進歩は現世界での生活の質を改善するためには不可欠です。子供、大人に関わらず、私たちの周りの自然環境や自分自身を知る努力をしてそれに対する感謝をさらにすることがさらに重要となります。他の人に心から感謝をし、無知の状態で行動することを避ければ、地球のお世話もできるようになります。

In the biggest sense, environmental education means learning to maintain a balanced way of life. All religions agree that we cannot find lasting inner satisfaction based on selfish desires and acquiring the comforts of the material things. Even if we could, there are now so many people that the earth would not sustain us for long. I think it is much better to practice enjoying simple peace of mind. We can share the earth and take care of it together, rather than trying ro possess it, destroying the beauty of life in the process.

大まかに言うと、環境教育はバランスのとれた生活を維持することを意味します。自分勝手な望みや物質的なものを取得しても心からの満足感が持続することはない、とすべての宗教は同意しています。それが可能であるとしても、人口が非常に多い今、地球は私たちの存在を長くは持続できません。単純な心の平和を楽しみながら生きる方が断然いいのです。地球を我がものとし、その過程で美しい生命を破壊するよりも、みなで地球を共有し世話することができるのです。

Ancient cultures that have adapted to their natural surroundings can offer special insights on structuring human societies to exist in balance with the environment. For example, Tibetans are uniquely familiar with life on the Himalayan Plateau. This has evolved into a long history of a civilization that took care not to overwhelm and destroy its fragile eco-system. Tibetans have long appreciated the presence of wild animals as symbolic of freedom. A deep reverence for nature is apparent in much of Tibetan art and ceremony. Spiritual development thrived despite limited material progress. Just as species may not adapt to relatively sudden environmental changes, human cultures also need to be treated with special care to ensure survival. Therefore, learning about the useful ways of people and preserving their cultural heritage is also a part of learning to care for the environment.

環境とバランスをとりつつ存在する人間社会をつくるための特別な知識は、周りの自然環境と調和しながら存在した古代の文化から得ることができます。たとえば、チベット人はヒマラヤ高原での生活に慣れ親しんでいる独特の民族です。そこでの繊細な生態系を圧倒、破壊せずに世話をするという文明が長い歴史の中で進化しました。チベット人は野生の動物の存在を自由のシンボルとして長い間尊重してきました。自然に対する深い畏敬の念は、チベットの芸術やお祝いを見ると明ら かです。物質的な進歩は限られながらも、精神的な進歩は繁栄したのです。突然の環境変化に種が適応できないのと同様に、確実に生き残るためには、人間文化も特別な注意を持って扱う必要があります。したがって、人にうまく役立ってもらう方法や文化遺産を維持を維持する方法を学ぶことは、環境の世話をする学習の一部となるのです。

I try always to express the value of having a good heart. This simple aspect of human nature can be nourished to great power. With a good heart and wisdom you have right motivation and will automatically do what needs to be done. If people begin to act with genuine compassion for every one, we can still protect each other and the natural environment. This is much easier than having to adapt to the severe and incomprehensible environmental conditions projected for the future.

私は善良な心を持つ価値をいつも説明しようとしています。この単純である人間の本性を偉大な力を発するものへと育てることができるのです。善良な心と知恵を持つと正しい動機が出てくるので、しなければならないことを自動的に行うようになるのです。みんなに対する心からの思いやりを持って行動し始めれば、お互いと自然環境をも保護することがまだできるのです。将来に予期される住みにくく不可解な環境条件に適応しようとするよりも、この方が非常に簡単です。

Now on a close examination, the human mind, the human heart, and the environment are inseparably linked together. In this sense, environmental education helps to generate both the understanding and love we need to create the best opportunity there has ever been for peace and lasting coexistence.

今まで深く探求してきたところ、人間の精神、人間の心と環境は切り離せないほどつながっていることが分かりました。この意味で、環境教育は、平和と持続的な共存をもたらす最高の機会をつくるのに必要な理解や愛情を育む役に立つわけです。

Reprinted from EPA Journal: A Magazine on National and Global Environmental Perspectives, Published by the United States Environmental Protection Agency, Washington D. C, September/October 1991, vol. 17, Number 4.

EPA ジャーナルからの転載:国内および世界的な環境の視点についての雑誌、アメリカ合衆国環境保護庁出版(ワシントンD. C)、1991 年 9月/10月、17号、4番