Monday, December 15, 2014

Vegan liquid eyeliner

Get back to nature with this verdant green pigment added to a light rose petal infusion, jojoba oil and almond oil base.

新緑を思わせるさわやかな緑色で目を飾って、心は自然児。基本成分のローズペタルインフュージョン、ホホバオイルとアーモンドオイルを引き立てます。

These soften, soothe and care for the sensitive eye area with the staying and blending power that comes from cupuaçu butter and glycerine.

敏感な目の周りをやさしくいたわりケアし、クプアスバターとグリセリンも配合されているので、化粧持ちがよく、スムーズにぼかすことができます。

We've used candelilla wax instead of beeswax, meaning that not only does this blend beautifully, but also makes it suitable for vegans.

ビーズワックスの代わりにカンデリラワックスを使ってきちっとメークくずれを防ぎ、ビーガンの方でも安心して使えます。

Fair trade foot lotion

Tired feet will thank you for the cooling sensation of this refreshing, easily-absorbed lotion.

ひやっとした感触でスーッとお肌にしみこむローションで、長い一日を終えて疲れきった足を癒します。

A few applications will soon transform hard, dry and cracked feet:

数回ぬるだけでカピカピに乾いた足も、オアシスにつけたような潤いに。

use last thing at night and wake up to soft feet that smell of creamy peppermint.

寝る前にぬって、クリーミーなペパーミントの香りに包まれた足でお目覚め。
 

Fragrance

Deep green oakmoss grounds this perfume, ylang ylang fills the heart and seduces, and clary sage floats above to clear the mind and inspire the imagination.

オークモスの深緑が落ち着きの香りを漂わせるフレグランス。誘惑で心を満たすイランイランも配合。ほんのり香るクラリセージで心は澄み渡り遠い世界へ。

An excerpt from a sunscreen article

Sunscreens are a must if you want to protect your skin whilst you’re out in the sun.

晴れた日のお出かけには欠かせないサンスクリーン。お肌をしっかり保護します。

Everyone’s skin is different and paler skins are more sensitive to sunlight, so even if you’re wearing sunscreen you might still be susceptible to the damage that UVA and UVB rays can inflict on the skin.

お肌は人によって異なり、その中でも色白の人のお肌は日差しにもっと敏感です。サンスクリーンをぬっていても、UVAとUVBの紫外線でお肌にダメージがあることも。

In order to stay safe, you just need to take some care, and think about what your skin needs.

紫外線からお肌を守るためには、ちょっとしたケアと対策が必要です。

UV rays can be really harmful, and sometimes the damage isn’t something you’ll notice straight away.

紫外線は実際に有害でも、ダメージがすぐに目に見えない場合もあるのです。

Cosmetic article

Beauty expert and facialist Caroline Hirons, of carolinehirons.com, believes that cleansing is the cornerstone of good skincare.

carolinehirons.comの美容専門家でフェイシャル専門家でもあるキャロライン・ヒロンズさんは、クレンジングは良いスキンケアの要であると考えています。

She says, ‘Cleansing is number one when it comes to your skincare regime.

「スキンケアルーチンで一番大切なのはクレンジングです。」と述べています。

You have to cleanse morning and night and not just with face wipes either – they don’t do the job properly and can contain ingredients which cause dryness and angry red spots.’

朝晩のクレンジングは必須で、フェイスワイプだけでは十分と言えません。お肌を完璧にきれいにしないだけでなく、乾燥肌や吹き出物の原因となる成分が入っていることもあります。」

Start by choosing products that are kind to skin.

お肌に優しい成分が入った製品を選ぶことから始めましょう。

Gentle but thorough cleansing is the key - afterwards skin should feel soft and smooth, not uncomfortably tight, sore or dry.

やさしくしっかり、というのがクレンジングのミソ。洗顔後のお肌はやわらかでなめらかになるはずで、カピカピ感があったり痛みや乾きがあるのはボツです。

You might decide to stick with one product that you love, or find it works best to switch between a balm, a soap or a face and body cleanser, depending on the time of day, the time of year or the way that your skin looks and feels.

お肌にぴったりの製品一つを使い続けたり、一日の時間帯や季節、またはお肌の状態に合わせてバーム、ソープ、フェイスやボディクレンザーに変えたしてもいいでしょう。

Earthday event intro

In celebration of Earth Day Tokyo 2013, the event provided children affected by the 2011 nuclear disaster a safe place to play and learn about the environment.

アースデイ東京2013を記念して、2011年の原子力災害で影響を受けた子供たちが、安全に遊びながら環境について学ぶことができるイベントが開催されました。

Many of the children come from areas where contamination limits outdoor play opportunities.

この子どもたちの多くは、汚染のために屋外での遊びが制限されている地域から来ています。

Founded in 2011 after the tsunami and earthquake, FNPCR is a group of mothers and fathers who were on the ground straight after the disaster advising families on how to evacuate safely.

津波と地震の後に2011年に設立されたFNPCRは母親と父親のグループで、災害後の現地に滞在しながら安全に避難する方法について住人の家族に助言していました。

They continue to work in Fukushima assessing and tracking radiation soil damage caused by the meltdown, and present their findings at community conferences.

FNPCRは福島での活動を続け、メルトダウンによって引き起こされた放射線による土壌への被害を評価・追跡しながら地区会議で調査結果を発表してきています。

An excerpt from a UK organic cosmetic company's book



Snow was falling fast, clogging her eyelashes while her breath made wispy trails in the freezing air.

吹き散る雪でまつげは瞬く間に真っ白になり 凍るよな空気の中で吐く息は白に染まりました

Yesterday had seen her friend ¬and colleague Susannah stretchered down the mountain suffering from severe altitude sickness.

重度の高山病でタンカで山を下っていった 友達で仕事仲間でもあるスザンナの姿を見送ったのは ¬昨日のことでした

Rowena had tucked a sleeping bag closely around her friend as the porters had tied her to the stretcher frame to secure her on the bumpy ride down.

下山での険しい道のりに備えてポーターがスザンナを担架に固定する中ィーナは寝袋をスザンナの体にきつく巻き付けました

She couldn’t forget Susannah looking into her eyes and asking, “Will I be OK?”

大丈夫よね?」と心配げに聞いてきたスザンナの目が忘れられません

Now, on the final day of the trek, just a couple of kilometres away only two members of the sixteen strong party had successfully made it to Gillman’s Point, one of the highest points of the mighty Mount Kilimanjaro.

今日はトレッキングの最終日です壮大なキリマンジャロの最高点の一つギルマンズポイントまでわずか2キロここまで見事に登ってこれたのは強靭な16人のメンバーがいたチームの中わずか2人だけです

The rest of the crew had peeled off and turned back through fatigue or sickness.

残り14人のメンバーは過度の疲労や何らかの病気になり下山せざるをえませんでした

Jeff, the director, had collapsed unceremoniously a mere three hundred yards from success.

ディレクターのジェフも頂上からわずか270メートル手前であっさりと倒れてしまいました

The journey had been plagued with bad luck, from having to haggle at every stage with porters to a punishing filming schedule to the torrential showers that had completely drenched the party as they trudged through rainforest.

旅の始めから不運続きでタイトな撮影スケジュールに間に合わせるためにポーターと難しい交渉を何度も重ねたり熱帯森林を足を引きづりながら歩く中で豪雨に見舞われてクルーメンバーがびしょぬれになったりなどの状況が連発していました